水位計Navi

水位計とは

ファッションの1つとして注目を集めているカラコン

現在情報化社会により情報をいち早く手に入れるために様々な電子機器が発達しました。しかしその反面として常に集中して画面を見なければならないので目を酷使する時間が増えたのです。目の酷使の時間が増えると涙を目を潤すために行う瞬きが行えずに目が乾いてしまうのです。そうなってしまうと視力が低下していき進行すると視力の矯正が必要な人も増えているのです。そのうえで視力が落ちた時に使うものはいわゆる視力の補正を行う矯正具です。


そのなかで視力の矯正を行うのが目的のものでしたが、最近では健常者でも矯正具を使う人が増えているのです。その別の目的とは雑貨つまりファッションの一部としての価値を見出したのです。それがファッションの一部として見出したのが今回のテーマであるカラコンになるのです。このカラコンの説明に入る前にこの元である物であるコンタクトレンズを知る必要があります。まずコンタクトレンズとは人の視覚の軽度の障害である近視と遠視と乱視の症状に合わせて凹凸の形にくりぬいたレンズを目に直接つけて目に見えるものがゆがんで見えることを見えるものの大きさを調節することで矯正をします。さらにゆがみの矯正で生じてしまう頭痛や裸眼に直接つけることで裸眼と変わらない視覚を保持しそして湿度が高いところで起こる結露や衝撃による矯正具のずれの心配もないです。


こういったコンタクトレンズの利点を視力の矯正以外にも使いたいというところからカラコンが生まれたのです。しかしカラコンには度数の物があり視力の矯正に使われるのですが、もともとのカラコンの使い方はまぶしい光が降り注ぐ野外で活動する人が太陽からの光を軽減し仮に野外で落としたとしても色をつけることで見つけやすくするために青く色づけたことが始まりです。それから先に言ったコンタクトレンズの最大の特徴である裸眼のままで装着できることでの視野の確保と湿度の高いところでの結露や動いたことによる矯正具のずれの心配がないのとその他の矯正具を付けたことによる顔の変化を起こさないのです。そのため自分自身の顔の美観の保持と色のついた目が相手に印象を与えることができることから急速にファッションとしての価値を高めていったのです。カラコンはファッションの一部として高めて装着する人が増えましたが目に装着するものなのでしっかりとした専門店で買い安全を確認して装着してほしいのです。そのうえでカラコンの特徴である装着することでの目に色をつけ様々なイベントに置いて楽しんでほしいと思います。