水位計Navi

水位計とは

水位計の種類とその方式について

水位計とは、川や海などの自然のものや、ダムや水槽などの人工物における水面をある一定の基準の面からの高さを水位と呼び、その高さを測るものを指します。その測定方法も多様なものがあり、水中に投げ込み水圧を測る投げ込み水圧式、水面上から接触させずに水位を測る電波式、水面と接触したフロートの上下運動を捉えて測るフロート式などが代表として挙げられます。更には超音波式や光学式などもあり多種多様なものが存在しています。これらの水位計は目的に適した固定方法、精度の良否やメンテナンス性を考慮し使い分けることが必要です。またいずれの方式を採用するとしても基準となる高さの決定には注意が必要です。これを量水標といいます。この量水標すなわち基準面の高さは不動のものでなければいけません。水位計を選定するためには、測定方法ごとのメリット・デメリットを把握し、固定方法を考え、基準面となる量水標がポイントとなります。

水位計の用途、性質、使用方法などについて

水位計とは、その名の通り水位を測るもので、水位が高くなり過ぎて水が溢れ出てしまわないように常に監視、観測するための用具です。しかし、水位を観測する機器にもいくつかの種類に分かれていて、その観測方法は異なります。電波式水位計という一般河川で主流となっている機器があります。この機器はシンプルな機器内部構造と、電波を使用して観測するため水に直接触れなくても良いので一般河川以外でもよく使われます。もう一種類の機器は、水晶式水位計と呼ばれる物です。観測したい水面に直接この機器を投げ込み、観測対象の水圧から水位を割り出して観測します。非常に高精度でより精確に測りたい場面ではよく使用されます。二つの種類の物について書きましたが、観測方法の異なる機器は他にもあるので、気になった方は詳しく調べてみてください。

様々な場面で活躍する水位計

水位計は様々な場面で活躍します。河川や川口、海、地下水、または工業や農業用水路など多様な場面で使用されています。水位計にも様々な種類があり、測定方法も水圧式、超音波式、電波式、フロート式、光学式など色々なタイプがあります。価格も、機器によって異なり2000円-30000円(この値段以下や以上もあります)の価格帯で販売されています。測定方法が異なると、使用する場面の向き不向きがある為、自分が使用する場所をしっかりと確認しどの測定方法が適切がしっかりと確認が必要です。水圧式であれば、水中に投げ込み測定しますし、超音波式なら水中に非接触的に測定できます。また、測定結果に疑問が残る場合は複数の測定方式を試し結果を比べる必要もあります。水位計のメンテナンスなども必要になってくるので、しっかりと使用する場面を確認し適切なものを使用する必要があります。

当社は、気象・環境・エネルギー計測を通して、地球保護に貢献したいと考えている会社です。 本社の所在地は、東京都東村山市秋津町5-2-15です。 メール・FAX・フォームからの受付は24時間行っており、電話は平日10時~18時までにお問合せください。 温湿度センサーは家庭用としても普及しております。 土壌水分計は土中に含まれる水分の量を計測する機器で、農業や園芸でも利用されています。 水位計のことならフィールドプロへ